俗物による自戒ノート。

家庭と仕事の反省点

家族は良い面ばかりではない。

娘と接していると家族とは良いものだと思ってしまう。けれども、親と接していると家族とは煩わしいものだと認識させられる。

 

どのような点で毒親なのかということに関しては、いくら筆舌を尽くして語っても他者には理解されない。親不孝だと思われるのみで、つまりは自分の評判が落ちるのみである。

 

だからこそ、ストレスが溜まる。

 

存在するのだ。確実に。虐待というレベルではないが経済的な部分で、精神的な部分で毒となる親が!

 

しかし、このことは世間からは理解されない。なぜなら親というのは無条件で子を愛するものであり、したがって子の親に対する不満というのはあり得ないものだという前提が、世間には根強くある。これは儒教的な思想によるものなのか。(この点で中国・韓国を蔑む本を見かけたが、とんでもない、日本もなかなかのものだと思う)

 

だから、多分に利己的な目的があるにせよ、家族からも縁が切れるものなんだよ、家族よりも大事なものがあるんだよということを説く宗教というのは一定の支持層があるのだと思う。

 

新約聖書を読むと、家族よりも神が大事なのだという箇所が出て来るし、仏法説話集である『日本霊異記』でも、家族に対してドライな対応をする話がおさめられている。

 

現代においても家族は重くのしかかる時がある。いわんや地縁的血縁的関係が強い古代・中世においては、家族という呪縛から解放されるには宗教の力がなければ難しい時代もあったのだろう。

 

家族からの隔離というのカルト宗教、マインドコントロール臭が漂うが、家族から逃避する手段としての宗教というのは無視すべきではない。

 

 

良いことと悪いことは、概して交互に訪れる。

悪いことが続くと、それを上回る幸運が訪れたりするし、そうかと思えば突如それまでの幸運が吹き飛ぶような大幅な厄災が降りかかったりする。そしてまたそのあと、いままでのものをひっくり返すくらいの出来事が起こったりする。

 

だから少々バッドイベントが続いたからといって投げやりになったり、自暴自棄になったりするのは勿体ないことだ。常に広いフレームで物事を考える必要がある。死ぬその直前までゲームは続く。決して、短期の結果に一喜一憂してはならない。

 

たびたびこのことを書くのは、それが本当に大事なことだと思うからだ。

 

 

 

 

自身の行動原理について

公言して良かったと思ったことは一度もない。個別具体に関する意見や主張はガシガシしていくべきだが、殊に行動原理に関することは公言するべきではない。百害あって一利なしである。

 

後輩にすれば説教臭くなって疎まれるばかりであるし(表面上はさもありがたそうに聞いてはいるが)、同僚にすれば手の内を見せるようなものだ。

 

だから、自分の根本的な考えや行動原理というものはそっと胸のうちに秘めておいて、このようなブログや本当に打ち解けた利害の絡まない友人との飲み会でしっぽりと語るのがよい。

成果があがないときは「あれやこれや」と言われるものだ。

しかしながら、指摘を受けたからと言って直ちに自分のやり方や行動が誤っていたとは限らない。

 

世の中は成果主義であるから、成果があがらないときに周囲がとやかく言ってくるのは当然。しかしながら果たしてそれは中身のある指摘なのか、どうか。

 

成果というのは運やタイミングに左右されるものだ(特に営業・企画系はそうだがバックオフィスとて例外ではない)。だから、成果があがらないからといって、そして他人から指摘叱責されたからといって、直ちに行動指針を改めるのは控えるべきだ。

 

他人の言に基づいて狼狽え行動指針を安易に改めることで、かえって被害が大きくなる可能性がある。これは為替の動向に一喜一憂するFXトレーダーが無惨にも往復ビンタを食らうようなものだ。

 

だから、調子の悪いときに他人から何か言われても、表面上は下を向いてムニャムニャしておけばいいのであって、直ちに行動指針を改める必要はない。

 

といって、これでは独善的になってしまうので、「この人なら」という人物を予め決めておくのがよい。そして人物のアドバイスというのは、素直に聞くといい。それは上司やチームのメンバーに限られない。

 

まだ他人からのアドバイスを受け入れる場合であっても、極力、「これまでの自分の生き様」を鑑みて、自分の生き様と矛盾しないかたちで、そのエッセンスのみを抽出するのがいい。人はそれぞれ土台や基礎が違うのであるから、その部分も含めて真似をするのは困難である。

待つことは動くこと以上に難しい。

前回の話にも通じるが、運命の女神がボールを持っているときにあれこれ動くことは賢明ではない。

 

物事にはタイミングがある。「ここは動くときではない」という時もある。そういうときは、じっと待つことが大事である。あれやこれやと動いた結果、余計に状況が悪化するというケースも多々ある。

 

どういうときに動いて、どういうときに待つべきか、この判断は難しい。しかし、「待つことが最善策という状況も存在し得る」ということを意識するだけでも気が楽になることだろう。

 

それは、「こんな大変な状況なのに、なんで何もしてないんだ!」とか「成果があがっていないんなら、とにかく行動しろ!」という道理をわかっていない輩が世の中には多いからだ。だから、待つことは存外に大変なことなのだ。(裏返すと行動は、成果があがらない際の周囲に対するエクスキューズとなる)

 

しかし、運命の女神は返球を急かされることを嫌う。バタバタした挙句、余計に状況が悪化することがあるのだ。

 

したがって、周囲の雑音は気にせずに、勝負している当人が「ここは待つべきだ」と判断したのなら、自信を持って待つべきだ。

ボールを神に投げた後は、ただ待つこと。ボールが返ってきたら、すぐに動くこと。

これが仕事の鉄則。

 

仕事がうまくいかないとき、スランプに陥ったとき、難問にぶち当たったときは、頭ではなく手と足を動かすこと。(凡人の考えは休むに似たりである。世の中の多数派は凡人だ。)

 

あれこれ考えるのを止めて、とにかく行動すること。巧遅よりも拙速を尊ぶくらいがよい。

 

しかし、やるべきことをやって、あとは相手方(顧客等)の反応待ちという状態・現状自分がやるべきことはなくなったという状態(人事を尽くして天命を待つという状態)になったときは、下手に動かず、じっと結果を待つことが大切。

 

もっとも、相手方からなんらかしらの反応があった場合は、それに即応して再び神速で動くことが肝要である。人事を尽くして天命を待つというのは、一回性のものではなくて、反復継続して行われるサイクルである。

 

こうしてみると、物事は運命の女神とのキャッチボールに似ている。自分のところにボールがあれば、直ちに投げ返す。ボールがないときにボールを投げようとしてはいけない。そして、女神からボールが返ってきたら、再び投げ返すのである。テンポよく、それを続けていけばいい。

結婚はセーフティネットではない。

 

 佐藤優氏はこの本のなかで結婚にはセーフティネットとしての機能があると指摘する。

 

理由は大きく分けて二つ。①(共働き前提だが)世帯収入が増加する。②何かあったときに双方の人脈(家族の繋がり)を利用できる。

 

①については概ね同意であるが、②については人脈によるネガティブな側面が考慮されていないと思う。

 

配偶者の家族は何かあったときに手を貸してくれるだろうが、逆もまた然り。

 

具体的に言うと、配偶者の親が認知症になったりすれば、当然介護する必要があるわけなのである。損得だけの話で言えば、それは大きなリスクであり、時間的・金銭的なコストである。

 

ゆえに、結婚はセーフティネットとして捉えるべきでない。むしろ、社会的・法律的なシガラミが増える拘束具として解釈するべきである。

 

ここからは飛躍になるが、悪人が親族間のシガラミに巧みに付け込んだのが、尼崎の連続殺人事件である。おそるべし。繰り返すが家族を持つというのは弱点やリスク、コストを増やすことになるという一面がある。

 

 

 

モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 (講談社+α文庫)

モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 (講談社+α文庫)