俗物による自戒ノート。

家庭と仕事の反省点

心の空き家問題。(心は空き家にすべからず)

信念や信仰、イデオロギー等を持たないということは、自由な発想が可能であるという利点がある反面、悪意を含んだ外部からの思想または内部より湧き起こる有害な思考に対して極めて無防備であるというデメリットがある。

洗脳とも言うべき筋の悪い新興宗教や、過激な政治思想に嵌る時というのは、「心の空白」を突かれた時である。自己のネガティブな思考に押し潰されそうになる時も同様。

ゆえに、思考の自由度とトレードオフにはなるものの、心の拠り所となりうるような信念・思想・信仰・主義などを持ち合わせておくことは、心を侵食する毒素に対する予防策となる。

特定の宗教や思想に傾倒せよ、ということでは決してない。多少の自由を対価としてでも、心の拠り所を確立しておくべしということを主張したいのである。(それは家族であるかもしれないし、二次元の美少女であるかもしれない。ただし、これらは拠り所としては脆弱である)

このことについては、我が国が誇る人生の達人、兼好法師の分析が素晴らしい。

また、新訳聖書にも、示唆に富む記述がある。

主有る家には、漫なる人、心のままに入り来る事無し。主無き所には、道行き人、妄りに立ち入り、狐・梟様の物も、人気に塞かれぬれば、所得顔に入り住み、木霊など言ふ、怪しからぬ形も、顕るる物なり。
徒然草』(235段)

汚れた霊は、人から出て行くと、砂漠をうろつき、休む場所を探すが、見つからない。それで、『出て来たわが家に戻ろう』と言う。戻ってみると、空き家になっており、掃除をして、整えられていた。そこで、出かけて行き、自分よりも悪いほかの七つの霊を一緒に連れて来て、中に入り込んで、住み着く。そうなると、その人の後の状態は前よりも悪くなる。
(「マタイによる福音書」第12章第43節から第45節)

方針に執着してはならない。

仕事にしてもプライベートにしても、まったくなにも方針や見通しを立てずに行動するのは望ましくない。なにかしら方向性を持つのがよい。

だからといって始めに考えた方針や見通しに執着しすぎるのも、良くないことである。

状況は刻々と変化する。それに応じて方針や見通しを変化させるのは当然である。これはブレるということとは全く異なる。行動原理さえきちんと固めておけばよい。方針や見通しが変わるのは当然で、状況が変化しているのに、それに執着するのは愚の骨頂である。

しかしながら、世間には方針や見通しを変えるとブレただのなんだのの批判する者がいる。また、これは自分自身の問題であるが、対外的に方針や見通しを公言しているとそれに縛られてしまうという向きもある。

だから、なるべく公言しないほうがよい。

仕事があっても余暇を楽しめるのは才覚である。

「やることやってから遊べ」と昔よく言われたものだ。例えるなら7月中に夏休みの宿題を終わらせる姿勢。

これは間違ってはいない。しかしtaskが有限な場合に限る。

仕事はやればやるほど湧いてくるものだし、やることができていない状態で休日が到来したりする。そういう時はヤキモキして落ち着いて遊べないものだ。

だから、社会人では「やることがなくできてなくても、無理やり仕事に区切りつけて遊ぶ能力」「仕事が終わっておらず落ち着かない状況のなかで否応無しに生まれた余暇を楽しむ能力」が問われる。

子どもが熱を出したので急遽、半日仕事を休むことにした。

娘が熱を出し、妻も休めないということで、(一応)クリティカルな用件が無いことを確認したうえで急遽半日休むこととした。

クリティカルな用件はなくてもそれなりに予定はあったわけで会社側としては不満があるだろう。

「育児のためなので」というのが免罪符になるとは思わない。「子どものためだったら仕方ないよね」という社会の動きがあるのはわかっているし、そのような暖かい社会になればいいなとも思うが、真に必要なのはある種の図太さだ。

休むにあって偉そうにする必要もないし、開き直る必要もないが、一方で申し訳なさそうにしすぎる必要もない。どんだけ申し訳なさそうにしても周囲に迷惑はかかる。それを免罪して貰おうとするから大変なのだ。

我が子の体調が悪くなれば、親がその世話をするのは自然の摂理である。すべての議論はここから始めなければなない。

良いことばかりではないし、悪いことばかりでもない。

辛い日々が続くと、つい人生に絶望してしまいそうになる。しかしながら、良いことばかり続くわけではないし、その逆に悪いことばかりが続くわけでない。人生を振り返ってみれば、それらは一定の割合で配分されているのである。

とはいえ、良いことと悪いことの配分には「偏り」が生じることはある。ある一定期間だけを取り出してみると明らかに良いことが多かったり悪いことが多かったりするかもしれないが、それは偏り以外の何物でもない。

コインを3回連続で投げて、一度も表が出ない確率さえ10パーセント以上もあるのだ。だからある一定期間を取り出して「幸運に見放された」と考えるのは不合理である。名投資家のナシーム・タレブの言うとおり、あまり短期間で投資の成否を判断するべきではない。

「過去3回表が出なかった、だから次も表が出ないだろう。嗚呼辛い」という思考に陥ってもいけない。良いことと悪いことは一定割合で発生すると信じて、試行回数を重ねることが肝要だ。

良いことと悪いことの配分についての評価は、長期間に判断されなければならない。間違っても、1年や2年といった短期間で判断すべきではない。

読書の目的

読書には、未知のものを知るという効用のほかに、イメージとしては漠然と理解しているものを言語によって明確にするという効用もある。

頭の中でなんとなくわかっているものでも、それを言語等でうまくアウトプットすることは、凡人にはなかなか困難なことだ。

読書をすることによって、既に言語化された著者の考えに触れることは、アウトプットの大きな手助けとなる。著者の意見に同調する場合はもちろん、異なる場合であっても、だ。(その場合は著者への反論という形で言語化の手助けとなる。)

読書とは対話である。

一握りの天才でもないかぎり、自分ひとりの脳みそでは限界がある。また、賢人とのリアルな対話はコストが高い。ゆえに、読書という形式で、対話するのである。

なお、一握りの天才というのは、ショーペンハウエルのような人物を指す。彼は「読書は他人の頭を借りること」と述べた。

明日のことは、明日の自分が考える。

仕事でとんでもないミスをした。顧客への説明内容を間違え、とんでもない損失を与えてしまった。いま現在も損失は膨らみ続けている。社として、どのような処置をとりうるのか、それすら決められないまま大型連休に突入してしまった。最悪のタイミングだ。

こういうとき、我が身の将来を考えると気が滅入る。どう転んでも良い未来があるはずがないからだ。明日の我が身のことは、明日の頭で考えることとしよう。

いまできることは、今日を精一杯生きることだ。久しぶりの連休、娘と思いっきり遊んでみようか(といっても日頃の顔を合わせることがないので全然懐いていないのだが)。