俗物による自戒ノート。

家庭と仕事の反省点

現代貨幣理論について思うこと

現代貨幣理論(MMT)というのが近頃流行っているらしい。

端的に言うと、デフレ&低インフレの際は財政赤字を気にせず政府支出を増やしましょう、みたいな考え方。

理屈としてはなるほどなぁという感じだけれども、政策として実行するとなると、さてどうかなと思う部分がある。

インフレ率が向上したときにうまく財政支出を抑制できるのか。族議員や利益誘導型の政治家、業界団体の圧力で、一度増やした支出を機動的に抑制できず、インフレが止まらないのではないか。少子化問題や年金、医療費の惨状を見てると、そう思う。※

この点について、憲法にも財政民主主義が規定されているよね」「つまりは国民を信頼していないってこと?」という反論があるようだけれども、自分の答えは「はい、まったく信用なりません」ということになる。

第一、日本のMMT支持者の顔ぶれを見ると「デフレを20年も放置した!」とだいたい日本の経済政策を批判している。でも、その政策は民主主義によって選ばれた政治家によって決定されたものに他ならない。

経済政策に関して、一方で民主主義に信頼を置きつつ、一方でこき下ろす、という按配がよく理解できない。

MMTに基づく経済政策を採用したらしたで、方向転換が求められる局面において、デフレを放置した90年代と同じような過ちが展開されるのではないのか。単純にそう思う。

もっとも、MMTについては超人大陸の動画を見ただけなので、新書なんかを何冊かくらいは読んでみようかなと思う。


https://m.youtube.com/watch?v=LJWGAp144ak

※でも消費税増税決定できたじゃん、ていう意見もあるけど、すったもんだの末の増税で、本気でやるなら全然意思決定が遅い(上げるのが正しいとも思わないけど)。いつだったか、サミットかなんかで、我が国の首相が先進国の首脳の前で「リーマンショック級の不況だよな?」と宣言して、それを理由に増税を延期した、ということがあったけど、政策決定における、そういうところが非合理的でとても嫌だ。MMTに基づく経済政策が採用されても高インフレ率とはなんぞや、を巡って議論しているうちに財政抑制の機会を逸するという事態が容易に思い浮かぶ。

幸運の女神は澄ました態度を好まない。泥臭い熱意がお好みなのである。

仕事にしても、賭け事にしても、恋愛にしても。

その成否は究極的には幸運の女神が微笑んでくれるかどうかにかかっている。

ただし、幸運の女神を振り向かせるにはやれることは全てやっておく必要がある。人事を尽くして天命を待つ、という状態。最初から神頼みではいけない。

そしてまた、クールに決めようとしてはいけない。妙な謙虚さも必要ない。泥臭く、執念深く目標を追い求めるべきである。

「どちらでもいいんだけど、そちらから来るなら受けとってあげようかな」などという謙虚さは不用である。(この点、ハーレム系ギャルゲの主人公などは悪しき見本の典型である。)

金銭、恋愛、地位、名誉、勝負事…等々。あらゆる物事は追い求めてこそ与えられる。幸運の女神は澄ました態度を好まない。泥臭い熱意がお好みなのである。

「求めよ、さらば与えられん」という聖書の言葉がある。これは良い言葉だ。というのも、ここで言う「求めよ」というのは、

・真夜中に友人の家に行って
・パンを借りようとお願いしても
・「いやもう子供も寝てるし戸締りしてるから」と断られても、
・なお執拗に頼み込めば
・与えられるだろう

というくらいの激しさなのだ。
このくらいの激しい気持ちがなければならない。

『面倒をかけないでください。もう戸は閉めたし、子供たちはわたしのそばで寝ています。起きてあなたに何かをあげるわけにはいきません。』しかし、言っておく。その人は、友達だからということでは起きて何か与えるようなことはなくても、しつように頼めば、起きて来て必要なものは何でも与えるだあろう。そこで、わたしは言っておく。求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。

※1年以上前にブログに書こうと思ってメモ帳に残しておいた文章(20180528に書いたと思われる)

育児が落ち着くまで時間を飛ばせるボタン、あったら押す?

下の子が生まれて、育児の負担が増えて、いよいよ時間的余裕がなくなってきた。

上の子は赤ちゃんがえり気味だし、妻の機嫌は悪いし、仕事にも全力投球出来ずあんまり成果上げれてないし、全方位で辛い。

そこで子供の育児が落ち着くまで人生をスキップできるボタンがあったら押す? という話。

自分は押す派。

けれども、そんなボタンがあったら、なんとなくずっと押してしまいそうで、結局凄く短い人生になるのだろう。もちろん、そんなボタンは現実問題存在しないわけだが、心の中でボタンを押してしまっているわけだから、間違いなく人生を無駄にしている。考えを改めないとならない。

育児の大変さも人生の楽しみと思える人は、人生を長く感じることができるのだろう。

誰もが現在あるものに倦怠感を覚えて生を先へ先へと急がせ、未来への憧れにあくせくするのである。だが、時間を残らず自分の用のためにだけ使い、一日一日を、あたかもそれが最後の日ででもあるかのようにして管理する者は、明日を待ち望むこともなく、明日を恐れることもない。実際、いつか将来のひとときがもたらしてくれるかもしれない楽しみとは、いったい何なのか。…

…生きることにとっての最大の障害は、明日という時に依存し、今日という時を無にする期待である。君は運命の手中にあるものをあれこれ計画し、自分の手中にあるものを喪失している。君はどこを見つめているのか。どこを目指そうというのであろう。来るべき未来のものは不確実さの中にある。ただちに生きよ。

セネカ

持ち家は慎重になるべきである。手持ち現金(流動性資産)の重要性について

家賃は捨て金、という煽り

「いまの家賃と同じ月々の負担で、マンションが買えますよ!」

不動産屋の定型句である。事実、「家賃は捨て金。どうせなら持ち家を」という考えの人は自分の周りにも多い(義両親とか。ただ、無理もない。この世代(団塊前後)は、土地神話の中で青年期を過ごした)。

また、会計的な観点からすると、家は購入するのが良いと公言する者もいる(公認会計士の山田寛英氏など)。

しかしながら、これらの人々にはリスク管理の観点がすっぽりと抜け落ちている(無論、不動産屋は「確信犯」だ)。

利子負担だけでは説得力に欠ける

賃貸派のなかには、家賃のために金を借りることの愚かさを説くものがいる。これはこれで一理あるが、利子も含めた会計的な検証をしても、尚持ち家派に軍配があがる場合には反論できない。前述の山田寛永氏はそのような比較を行なっている。そして現在の日本は空前の低金利だ。説得力に欠ける。(それでも利子負担は馬鹿らしいが)

本質は、手持ち現金が減少すること

いかに、頭金をしっかり準備でき、利子負担を抑えることができても、なお不動産を購入する場合は慎重になったほうがよい。

なぜなら、あなたが頭金として支出しようとしている現金(現金とはいうが、証券でも、株でもとにかく流動性資産のことを言う)は、何かあったときに使えるはずだった現金だからだ。

不確実性が増す時代、現金はよほど大事にするべきである。何かあったときに頼りになるのは現金である。ということは商売人であれば当たり前の常識であるが、給与所得者にはこの観念が薄いように思う(かく言う自分も、零細企業の経営者と金の話をしてからだ。現金の重要性を肌で理解し始めたのは)。

予想外の事があったとき、現金があれば対応策の幅が広がる。

リストラ、交通事故、冤罪、子どものリスク(いじめ、病気、事件、事故)、訴訟リスク、隣人トラブル。

不確実性が増すこの時代、予測などはアテにならない。ただ選択肢を広くもっておくことしか、対応策はない。



持ち家を購入する資産がある、と思っているあなた。本当に、それだけの資力があるのか。不動産という、投資対象としては、これから上がる見込みの少ないものに、財産を注ぎ込んでも大丈夫か?

資産3分の1法、というのは古典的で直感的だが、有用である。4000万円の家を買うなら、少なくとも1億円以上の資産がなければ手を出すべきでない。

だからと言って、借り入れをしてバランスシートを拡大すれば、今度は利子負担があなたに重くのしかかる。

成年後見人について

認知症などで判断能力が十分ではない人の生活を支える成年後見制度をめぐり、最高裁判所は18日、後見人には「身近な親族を選任することが望ましい」との考え方を示した。後見人になった家族の不正などを背景に弁護士ら専門職の選任が増えていたが、この傾向が大きく変わる可能性がある。

(朝日新聞)

いままで面倒を見ていたお爺ちゃん、おばあちゃんの法的手続きや金銭の管理を、いきなりポッと出の司法書士がやります。諸々の手続きやお金の出し入れについてはその司法書士の許可がいります。しかも毎月数万円の報酬を貰います、などと言われて誰が納得するものか。

成年後見人に専門職を増やそうというのは、制度を設計した国の役人と業界団体(おそらく主力は弁護士増加で食えなくなった司法書士たち)の悪ノリである。

こういう無茶な制度設計をして、唯々諾々と国民が従うと思っているあたりに、本当に役人の想像力が欠如しているとしか思えない。制度の活用自体がされないに決まっているではないか。

親族後見人による資産の横領が専門職後見人の増加だというが、司法書士の横領だってニュースになっている。呆れ。

成年後見人がついてないと、銀行口座が作れなかったり、不動産の売買ができない。ひと昔前は融通を利かせてくれる金融機関や不動産屋も多かったが、いまの時代、そんなことをするところは減っていると思う(明確に違法行為なので)。

権利保護のために、成年後見人という制度には賛成。そして成年後見人がないと口座が作れない等の不便が生じる。でも凄く使い難い制度になっている。それもこれも、業界団体と業界団体の仲の良い政治家とその政治家の顔色を伺う役人たちが原因。

この構図は成年後見人制度だけの話ではないが…

幸せになるということは即ち不安の種が増えるということ。

子供の成長は楽しい。一緒に遊ぶと癒される。それだけに「健康に育つだろうか」とか「犯罪にあわないだろうか(または犯罪をしないだろうか)」という不安の種にもなる。

人間は、利得よりも損失に過敏に反応するようにできている。ひとたび、子供を持ち幸せを感じると、その幸せな状態が標準的なものとなる。(「参照点」というやつ)

しかし、子供というのは脆いものなので、ちょっとしたことで健康を害するし、犯罪者に狙われたり、あるいは他人に危害を加えたりすることもある。かなりの不安要素だ。

波のある人生を望むのなら、それもよかろう。ただ、自分のように安定志向にも関わらず、「家庭を持つ」「子供を持つ」という幸せな状態になるのも考えものだ。常にそれらが消え去る危険性に脅かされるから。

家庭や子供に限らず、金銭的な豊かさ、世間の評判などもそうだ。一度それらを得ると今度はそれを保持するために苦心しなければならない。

「あなたがたは地上に富を積んではならない。富は、天に積みなさい」(マタイによる福音書)とはよく言ったものだ。

育児によって余暇や仕事に専念できる時間が減少することについて。

結婚していなければ、あるいは子供がいなければ、もっと仕事ができたし、遊ぶこともできただろう。本だってもっと沢山読めたし、色んなところに旅行に行くことができた。

けれども、人間の処理能力には限界があるから、あんまり裁量を与えられても戸惑うものだ。行動経済学で言うところの【選択のパラドックス】だ。

多すぎる選択肢を前にすると人は無力感を覚え、満足度は減少する。

自身の大学生活を振り返っても、自由な時間が多すぎても活用しきれないものだ。

だから、人生においてはある程度の制限が課されている方がよい。程度問題だから制限されすぎてもダメだが。

ゆえに、〈できるだけ選択肢の多さを求めつつも、選択肢が少なくても不満を持たず、その状況を活用するという姿勢が一番いい〉(『人生にゆとりを生み出す知の整理術』p61)というphaさんの意見に賛成だ。