読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俗物による自戒ノート。

特に、ままならぬ仕事、毒親からのストレス、神経質な妻そして愛しい子どもについて。

所有に伴い発生するコストについて。

家庭 日常

halberの母親が毒親たるゆえんの一つは物を捨てられないということにある。片付けを手伝おうとすると烈火の如く怒りだす。曰く「物を大事にしない愚か者だ」、あるいは「思いやりのない冷酷な性格だ」等。

 

ここまでなら毒親とまでは言えないが、まずいのは、増え続ける物を保管するためにマンションやアパートを賃貸していることだ。本人は質素な生活をしているつもりらしいが、かたや賃料が湯水のように垂れ流されている。老後のことなどまるで省みずに。まったく恐ろしいことだ。

 

「物を所有する」ということについて、常に維持管理コストを頭の片隅に置いておかなくてはならない。所有しているだけで空間使用料が発生する。段ボール箱ひと箱あたり、300円/月で預かるというサービスがある。やや極端な考えかもしれないが、これは、段ボールひと箱分の荷物を整理すれば年間3600円のコストを縮減することを意味している。

 

【参考】

ご利用料金|risoco box

http://risoco.jp/box/