俗物による自戒ノート。

特に、ままならぬ仕事、毒親からのストレス、神経質な妻そして愛しい子どもについて。

料理スキルについて

料理スキルを身につけておいて損はない。独身時代にそれなりに自炊していたことが、結婚後も家事の分担に大いに役立っている。家庭円満のため男性といえども料理スキルを身につけておいて損はない。

 

この場合の料理スキルというのは、何も特別旨いものを作ったり、こだわりの岩塩を使った料理を作ることではない。食材調達(安全安心な食材をできるだけ安く買う)から後片付け(皿洗い、テーブル拭き)までのパッケージとしての技術である。そしてそれは持続可能かつ継続的である必要がある。

 

結婚を考えていない人でも料理はできた方が良い。それは健康及び経済的観点から。金を使わずに幸せに生きることが得意なpha氏は「料理と読書」のコツを身につけることを推奨している。この意見はとても的を射たものであると思う。

 

お金をかけずに生活を楽しむコツというのは一度身に付ければ一生残る資産だ。年をとってからとかお金がギリギリになってから新しいことを身に付けるのは結構しんどいし、人生のうちで早めに身に付けておくことを全ての人に勧めたい。個人的には読書と料理が特にお勧めです。

『持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない』119頁